PHPの基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

通常のwebサイトはhtmlという言語で書かれています。
ブラウザがhtmlの内容を解釈してブラウザにwebサイトの内容を出力します。

そしてphpは更にサーバーでhtmlを出力する言語になります。
つまりhtmlを理解している事が大前提になるわけです。
このブログではあまりhtmlなどについては詳しく説明しないのでとほほのwww入門などを参考にしてください。

まずあなたの使用しているサーバーがphpが使えるサーバーかどうか確認してください。
phpが使えないサーバーだとせっかくphpを覚えても使えません。
無料のサーバーだとAAA!cafeなどがあります。広告がいやな人は、有料でもロリポップなどはphpとデータベースサーバーのmysqlなどが使えてすごくやすいです。

次にtest.phpというファイルを作りましょう。
phpを使うページの拡張子はhtmlではなくphpと書くのが基本です。
そして
【php】

<?php
echo "Hello world";
?>

と書いてサーバにアップしてください
【ブラウザ】

Hello world

と表示されれば成功です。

関連エントリー

Re:PHPで誰でも簡単Webサービス製作!でなんか作って公開した奴ちょっと来い
SQLインジェクションについて
ふつうのリロード対策
WEBデザイナーの為のXSS(クロスサイトスクリプティング)入門
phpでSmartyを使う方法

スポンサードリンク

«echo print | メイン | 変数を使ってみる。»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1553
コメントを投稿